Motofuji Minoru

元藤 稔

2016年入社
第二制作部ディレクター

    この会社でなら面白くて良質な番組が作れる

  • 入社のキッカケは、長年経営していた制作会社をたたみ、フリーのディレクターとして活動していこうと思っていた矢先、長年様々な番組で共に制作してきた弊社社長の河島に誘われたことです。なので、入社の決め手は「河島の人柄」です。河島とならこの会社で「面白くて良質な番組が作れる」という自信がありましたし、フリーでディレクター業をするより興味深かったので入社しました。
    会社の外から入ってきて思うのは、メディア・バスターズは業界の中でも女性スタッフが多く、女性が働きやすい環境なのかな…と思います。また、威圧的なスタッフがいないので、若い社員も伸び伸び仕事をしています。

  • 現在はAbemaTVのバラエティオーディション番組でスタジオやVTRの演出、キャスティングなど、全体のパッケージを作っています。ボーカリストやアイドルを目指す若者たちの夢にまっすぐな姿や、家族や友達の献身的なサポートなどに、毎回スタジオで感動しながら仕事しています。
    AbemaTVという新しいメディアで、若いスタッフたちと新しいことにチャレンジしていく毎日が、新鮮かつ、刺激的で、やりがいを感じています。

  • 制作者として20年近く経ちますが、今、目の前にあることを全力でやるという姿勢は新卒のころから変わっていません。これから先も変わらずに仕事を楽しんでいたいというのが今の目標ですね。
    若いうちは興味のあるジャンルや、関わりたい番組に配属されないという事もあるかもしれません。でも、そこで腐らず一生懸命頑張った人が、その数年後には好きな番組を担当していることが多いです。興味がないと思っていた番組でも、本気で取り組めば、必ず好きな番組になります。
    好き嫌いで判断せず、まずは本気で取り組んでみてください。
    ※担当、業務内容は取材時時点のものです。